つくば市要の土地

つくば市要の土地の御紹介です。

県道藤沢豊里線(幅員11.6m)に面する土地。
広さは118.88坪
価格は830万円です。



前面道路には上水道の本管、下水道の本管があり、引込をすることが可能です。
道路は南道路の為、日当たりも良い環境。
また、南道路に面する部分も長く、出入りもしやすい地形です。

北側に目を向けると、農地が広がっており、のどかさを実感できます。
その先には、筑波山を眺めることができ、きれいな2つ山の筑波山を毎日見ることが出来ますよ。
筑波山は万葉集にも詠われている山であり、山の形の綺麗さから『西の富士 東の筑波』とも言われております。
山肌の見た目の色が朝方や夕方に変わることから、紫峰とも呼ばれている山なんです。

話がそれてしまいましたが、建物を建てる場合は、この様な特徴を知って建てられると良いのかなと思います。

店舗用地、福祉の事業用地としてお考えの方にはピッタリな物件であると思います。

また、10年特例の該当者の方は、自己用住宅を建築する事ができます。
次のエリアに10年以上の居住証明ができる方です。現在・過去は問いません。
(対象エリア:要、東平塚、西平塚、学園の森、西原、西沢、南原、蓮沼、栗原、天久保)

現在は樹木が立っておりますが、近日中に伐採される予定となっております。

是非、この様な土地をお考えの方がおりましたら、こちらの土地はいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら(^_-)-☆
株式会社第一地所
つくば市天久保2-14-11
TEL:029-856-5577


(注意)本ブログの記事は既に申込み済み、成約済みの場合があります。最新の情報は当社ホームページで確認いただくか、個別に電話でお問い合わせ願います。特に過去のブログ記事をご覧になられた場合は物件の取り扱いが終了している場合があります。宜しくお願い致します。

記事の更新日:

PAGE TOP